話題のニュース

28-DEC-2017

Martin Audio CDDがベルギー・ヘントのDE KROOKビルに採用される

press image
Click to enlarge car picture Click to enlarge car picture Click to enlarge car picture Click to enlarge car picture Click to enlarge car picture Click to enlarge car picture
click thumbnail to view photo

 

ベルギー・ヘントの新しいDe Krookビルは「知的文化と創造のインスピレーション」と形容されます。ヘントの街の先駆けとして、ヘント大学と複合ハブIMECは21世紀の図書施設であり、IPEMのアートサイエンスラボなどを含む、多くの施設を抱えています。
この設備はすべての市民が利用できるオープンな施設として設計されました。

De Krookはヘント在住の建築家集団、Coussee&Goris Archtectenとスペイン・カタルーニャのRCR Arquitectesによって設計された、水平を積み重ねたような建物です。
Martin Audioのベルギーのディストリビューター、FACEはアートサイエンスラボの視聴覚設備に関する競争入札に競り勝ち、IPEMによって発行された丁寧な文書を受け取りました。
FACEはラボに対してMartin AudioのCDDシリーズを勧めるのにあたり、水平指向角120度で、小型エンクロージャーからの高いSPLという要求仕様に直面しました。ラボで行われるライブミュージックにも、深い音の研究にも対応できるようにというものです。64本のポールマウントされたCDD6(6.5インチ)同軸上下非対称特性スピーカーが、PowersoftのDSPアンプでDSPプロセッシング、および駆動され、この信号はDante回線で渡されるシステムとなっています。低域の拡張のために4台のMartin Audio CSX118BF 18インチ・コンパクト・パワードサブウーファーが設置されました。

この設備では立体音響の研究にも使用され、Spatial Audioのレンダリング技術が用いられています。

新しい設備では18000平米の面積にメディア・イノベーション・コミュニケーション・テクノロジー(MICT通信科学部)、カルチャー&エデュケーション(教育科学部)、IPEM、IDラボ(インターネット&データ研究室)といった研究チームが使用することとなります。UrgentFMと呼ばれるヘント大学のラジオ局もそこに入ります。

施工はFACEのSteven Kemland氏とStijn Vermeiren氏によるプロジェクトでした。
音楽・劇場芸術科学学科のBart Moens氏によれば「現在設備を改めて掘り下げてみる段階なのですが、なんてすばらしい結果なのだろうと言わざるを得ませんね。音も意匠もすばらしい。FACEチームのすばらしい協力に感謝したいです」

 


Further Information

MLA PORTAL
MLA Mini Video
MLA Brand Video
MLA PORTAL
All material © 2013. Copyright Martin Audio Ltd. Subject to change without notice. Martin Audio Ltd. Reg. No. 4824341
Martin Audio and the Martin Audio Logo are trademarks of Martin Audio Ltd and are registered in the United Kingdom, United States and other countries.